AIにはできない仕事✨
見出し画像

AIにはできない仕事✨

みなさんは放射線技師について知っていますか?
今回、私たちは放射線技師の今沢さんにインタビューしました!

放射線技師とは❔
放射線技師とは、医療現場において放射線の取り扱いを担う技師のことをいいます。レントゲン検査やMRI検査など、様々な検査や治療に携わる職業です。医師の指示のもとで検査や治療を行います。総合病院や小規模のクリニックなどで活躍しています!


高校卒業後の進路は
放射線技師になるには国家資格をとる必要があり、受験資格を得るためには大学・短大・専門学校に4年または3年通学する必要があります!


仕事内容は
放射線技師は検査と治療の他にも、取り扱う装置の管理や被ばくの管理もしなくてはなりません🩺患者の医療安全の管理や事故防止対策なども行います。また検査にもいろんな種類があり、臓器や骨格を投影するX線を利用する「一般撮影検査」3D画像による立体的な撮影をする「CT検査」細胞分裂を止める放射線の特性を利用した「放射線治療」放射線を使わずに、強い磁石と電波によって人体の断面図を撮影する「MRI検査」などがあります。


どういう人が向いているの
放射線技師の仕事は、検査時の患者の安全対策や各機械の管理、放射線治療など、患者との関りが多い仕事です。情報の管理に対する責任感、高いコミュニケーション能力、隅々までしっかりと確認できる集中力や、細かい部分にまで気づくことのできる洞察力がある人に向いています!


感想👩
今回今沢さんの話を聞いて、絶対になくならないAIではできないような仕事に就く必要性があると感じました。また、英語をどの職業でも必要な世の中になってきているので、高校生活の英語をしっかり身につけていこうと思います。


画像1


文京区小石川発祥の、淑徳SC中等部・高等部です。 120年の歴史を誇る、わが国屈指の女子教育の伝統をお伝えしていきます。